ポスティング配布員向け!多く配るコツとは

      2017/03/13

ポスティングは自分の努力が報われやすい魅力的な仕事です。正社員、アルバイト、派遣と様々な仕事がありますが、自分が努力した分だけ目に見える形で報われる仕事って、意外に少ないんです。ポスティングの場合は、配った分だけ収入になる。こんな単純計算ができる仕事なので、自分の実力が高まれば高まるほど稼げてしまいます。だからこそ、コツやツボを知りたいところで、今回はポスティングで多く配るためのポイントをご紹介しましょう。

機動力を確保する

いくら体力に自信があるからといって、なんでも自分の体だけで解決を目指すのはもったいないです。ポスティングで機動力は重要なので、運転免許があるなら自動車。ないのならば自転車を確保しましょう。徒歩に比べると圧倒的に配れる枚数が変わってくるので、自転車くらいの買い物ならポスティングのために中古で手に入れるのもよいかもしれません。

ポスティング用アイテムでスムーズに

これはポスティング会社が用意してくれることもあるのですが、ポスティングをする場合には地図は必須です。さらに、ポスティング用の肩にさげるタイプのバッグも欲しいところです。こちらもポスティング会社が貸してくれることがありますが、そうでないなら自分で用意しましょう。バッグの種類は、量や状況に応じて自分なりにアレンジするのもよいです。

事前に地図で配布計画を立てる

それぞれの体力を考えないとして、これが一番ポスティングスタッフの配布力の差を生む部分です。ポスティングをする際には担当地域を指定されますので、配布の前にルートを決めて、マーカーをつけておきましょう。これだけでも随分変わるはずで、実際に配って配布地域を目で確認したら、その後より配りやすいようにルートの見直しをすることも大切です。地図で見るだけではわからないスポットも存在しますので、都度ルート修正をしていくことが重要となります。おすすめはルートに配布禁止ではないマンションやアパート、団地などを上手く組み込むことです。

雨の日の体調管理を怠らない

これも長く継続的にポスティングを続けるためには重要で、ポスティングを長くやっていると、いずれ雨に遭遇します。紙にとって水は天敵ですし、長時間の配布によって体温を奪われると体調を崩してしまう場合があるのです。防寒性と防水性が高いカッパ、配布物を保護するためのリュックなどの用意が必要です。雨で風邪をひいてしまったり、配布物を汚してしまった場合は、大幅に配布数が落ち込みますので、体調管理はとても大切になります。

 - ポスティング, 副業